愛をこめて・・・

いつも「南風通信」を読んで下さって、ありがとうございます。
少しだけ・・・のつもりが、思いがけなく長いお休みになってしまいました。
季節は、すっかり秋の気配。
みなさま、お元気でしょうか?

それからの私は、やっぱりいろんなことがあり、
いろんなことを考え、試行錯誤の日々でした。
そんな軽い言葉じゃないな・・・。
悩み苦しみ、迷い、あがき・・・七転八倒。
投げ出したくなったり、逃げ出したくなったり。
それでも、人生の大きなターニングポイントにいるというのはわかっていた。
これからの自分の歩く道を考え抜きました。

どれだけ考えても出ない答え。
答えをいくら求めても、やっぱり出ない時は出ないのです。
すべてに「時」がある。
待つことが必要な時もある。
待つしかない時もある。
そう思った時に、やっと答えの入り口がみつかったように思います。

自分にとってのブログというものを、考え直す時期でもありました。
「南風通信」は、今回で終了いたします。
今まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
たくさんの素晴らしい出会いに感謝します。

HP「ぱすてるらいと」、ブログ「soul collection」は閉鎖させて頂きます。
「時の粒子。」は、これまで通り継続しますので、これからもよろしくお願いします。

そして、新しいブログを書き始めることにしました。
諸事情のため、ここにリンクすることはしません。
もしも、これからも読みたいと思われる方がいらっしゃいましたら(笑)
お手数ですが、メールを下さい。
折り返し、新ブログのアドレスをお知らせします。

yukoへのメール→yukohime0530@yahoo.co.jp


本当のありがとうは、「ありがとう」じゃ足りない。
けれど、心からの愛をいっぱい込めて。


ありがとう。
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-09-16 14:10  

少しだけ

更新が遅れて、本当にごめんなさい(><)
のぞきに来てくれた方、いつもありがとう。

今の私には、内からも外からも色々なことが起こっていて・・・。
もしかしたら、人生最大のターニングポイントを迎えているのかもしれません。
毎日たくさんのことを考え、迷い・・・そんな真っ只中にいるようです。
ただ、決して落ち込んだり、悪循環にハマっている訳ではなく、
確かに前に進むために必要な時期です。
今、見えかけているかすかな光を掴むために。
少しだけ時間をください。
ちゃんと、またここに戻って来ます。

大丈夫。
元気です。
しあわせでいます。

時は確かに流れていて。
変わっていくことは自然なことで。
その中でも変わらないものをみつけたくて。
自分を包む大きな流れがゆっくりと動いているのを、こちらから見ている。
そして、その流れにもうすぐ手が届きそうな気がする。
自分自身は、とても小さなもの。
時の流れの中では、本当に小さなもの。

でもひとりじゃない。
いつもどんな私も受け入れて、待っていてくれる友達がいる。
何人もの大切な友達。
本当に私は恵まれているなと思います。
その人達の存在を想うたびに、心は強くなる。
そう。私はいつだってひとりじゃない。

自分の心に嘘はつきたくない。
堂々と自分の人生を生きていきたい。
そのために必要な痛みや苦しみは受け入れて。
乗り越えてみようと思います。

少しだけ待っていてください。
きっと少しだけ強くなった新しい私で戻って来ます。
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-07-17 16:58  

夏空の下で

気づけば一週間近く、更新してなかった・・・すみません。
外に出かけることが多く、ちょっとバタバタしておりました。

空は水色。
ようやく梅雨明けも近いようです。
そして、夏本番。
主婦にとっては恐怖の夏休みの足音も(あーヤダ!笑)。

連日の雨、雨ですっかり忘れていたけど、もう夏ですよね。
ふと気づけば7月も半ば。
思いっきり夏だし!
あと1ヶ月半で、夏終わるし!(ぇ。)
慌てて、この夏のことに想いを馳せてみたりして。
この夏をどう過ごそうかな、と。
どんな夏になるのかな、と。
でもどこか今までとは違う夏になりそうな予感もしています。

とりあえず、今月末の野外フェスが唯一のライブ参戦。
福岡海の中道海浜公園でのHIGER GROUND '07。
最愛の藤くんのBUMP OF CHICKENとレミオロメンに一度に会える♪
なんて幸せ!
東京から参戦するレミオファンのお友達との再会も楽しみ。
真夏の炎天下で倒れないように体力つけなきゃ。
今からしてもあんまり意味ないか(笑)

毎年、数日間を一緒に過ごす大阪の友達は、今年はタイミングが合わず中止に。
みんな色々あります。
取り巻く状況も変わるもの。
それが自然な流れ。
ずっと同じままじゃない。
カタチは変わっていくもの。
前に進むためには、顔を上げなくちゃ。
とは言え、彼女との関係は何も変わらないので、
またの再会を楽しみにお互い頑張ることを約束しました。

そして、夏の終わりのお友達とのプチ旅行。
この夏は、それだけ。

あとは、やっぱりいつものようにお家でのんびりかな。
けれど、ただのんびりしてもいられません。
PTAの行事も多いし、子供達の毎日のランチ。
自分自身で言えば、意識とカラダの大改革中。
やることも、考えるべきことも山積みです。
毎日の一歩は目に見えなくても、きっと進んでいる。
あとで振り返った時に、ちゃんと結果が出ていることを信じて。
やっぱり毎日を、毎日の小さなことを懸命にやり続けるしかないのです。
今は、きっとそういう時期。

そんな時期を、いたずらに焦ることなく、生きている実感を時に感じながら、
時の流れを少し離れたところからみつめながら。
深く温かくなるものを抱きしめながら。
日に日に高くなる空を見上げながら。


「悪くないじゃん」って自分に言える今日この頃を、結構気に入っている。
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-07-12 16:10  

What is the problem?

漠然とした、曖昧な不安や恐れ。
そんな気持ちを抱えた時、人は恐怖に支配される。
何が問題なのか、わからないのが一番怖い。
問題がわからないなら、答えだって、いつまでたっても出るはずもない。
いつまでも抽象的な不安のまま、その場所から動けない。
何かで一瞬紛らせても、またそこに戻ってくるだけ。

知らなきゃいけないのは、現実。
今、自分が立っている場所。
現実をしっかりと目を開いてみつめる方が怖いと思うかもしれない。
それに耐えられそうにないと思うかもしれない。
目を逸らしたまま、生き続ける道もある。
自分がその方がラクだと思うなら、それもいいと思う。
いつも決めるのは自分。
選ぶのは自分。
自分の人生。自分の生き方。
誰も代わりに生きてはくれない。

それでも、それは嫌だと思うなら。
やっぱり知らなきゃいけないこと。
痛みや後悔に出会うかもしれない。
自分のずるさや弱さに直面するかもしれない。
でも向き合うと決めたなら、問題を知りたいと思うなら、もう逃げちゃいけない。
ちゃんと向き合った時に、現実をそのままみつめた時に問題はわかる。
何がいけなかったのか、何を変えて行かなければならないか。
必要なものは何か、必要ないものは何か。
自分は何をしたいのか、どこに向かって行きたいのか。
どんな自分なら嬉しいと思えるのか。
そのために何をしなければいけないか。
何から始めればいいか。

それがわかり始めると、不安や恐怖も消えてゆく。
目に映る世界も変わって見えて来る。
問題がわかれば、答えもわかる。
あとは顔を上げて、前を向いて進むだけ。

ひとつずつ。
ゆっくりと。
でも確実に。

小さなこと。大きなこと。
どちらも大切なこと。
ひとつずつクリアして行けば、いつか高いハードルも飛ぶ勇気を持った自分に会える。

心に描いた夢は、絶対叶う。
夢を叶えるコツは、決してあきらめないこと。
努力すること。信じ続けること。


What is your problem?

What is my problem?


一緒に問題をみつけに行こう。
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-07-06 10:59  

美しい名前

7月4日。アメリカの独立記念日。
「7月4日に生まれて」という映画もあったな(見てないけど)。
でも、アメリカの話をしたい訳ではありません。
今日7月4日は、我が愛すべき娘の16歳の誕生日。

夏生まれの彼女。
夏らしい名前を付けたくて、一生懸命考えました。
好きな漢字を並べて、組み合わせたり、響きを何度も確認したり。
そうしてやっと付けた名前は「夏帆」。かほ、と読みます。
夏の凪いだ海に、真白な帆を立てたヨットが浮かんでいるイメージ。
のんびり大らかな女の子になってくれるといいな、と思いました。
そして、現在の彼女は、まさにそんな女の子に育ちました。
「名前は体をあらわす」・・・うん、納得。

二人の息子達も、かなり名前のイメージに近いし。
この世に生まれた時に、親が一生懸命考えて付けてくれた名前。
それぞれ、いろんな由来や理由があると思います。
たったひとつの自分の名前。
大切にしなきゃいけないと思います。
中には、自分の名前を気に入っていない人もいるかもしれない。
それほど素敵な名前じゃないと思った時もあるかもしれない。
でも、たとえば大好きな人に自分の名前を呼ばれた時・・・。
改めて、自分の名前は素敵な名前だと気づく人もいるのでは。
Kくんの歌にも、そんな歌詞があったなぁ。

私の名前は「裕子」と書いて、ゆうこと読みます。
私達の年代でも、わりと洒落た名前の子もたくさんいました。
「子」が付く名前なんて、ちょっと古臭くて嫌だった時もあります。
お洒落で可愛い名前の友達が羨ましかった時も。
でも、今はとても気に入っています。
「裕」という字には、「豊か」という意味があります。
心が豊かな子になるように、豊かな人生であるように・・・。
両親の祈りが、願いが、今の私にはわかります。
そして自分自身、そんな風に生きて行きたいと思います。
この少し古風な名前を愛おしいと思うのです。

自分の名前、好きですか?
大切にしていますか?
誰かの名前を呼ぶ時、心を込めて呼んであげたい。
みんなそれぞれに持っている美しい名前を。


「誰かがどこかで答えてる
その子の名前を呼ぶ
名前 それは燃える生命
ひとつの地球に ひとりずつひとつ

Every child has a beautiful name
A beautiful name, beautiful name
呼びかけよう名前を すばらしい名前を
どの子にも ひとつの生命が光ってる
呼びかけよう名前を すばらしい名前を」

(ビューティフル・ネーム/ ゴダイゴ)


親子共、お気に入りの娘の名前。
それに関して、ただひとつの誤算がありました。
娘の現在のニックネーム・・・。
彼女は、友達から「ほっか」と呼ばれています。
「かほ」をひっくり返すと「ほか」。
そこから連想されるのは、そう。
「ほっかほっか亭」・・・。


・・・予想外。


ま。いっか(笑)
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-07-04 16:37  

遠い記憶への旅

ある日を境に、世界が全く違って見えて来る。
それは確かにあること。
きっと、あの日から。あの瞬間からだった。
けれど、それはもっともっと長い時間が経って、後からわかるものかもしれない。
まだ振り返るには早すぎる。

夢がなければ生きていけない。
夢を目標に変える。
或いは、あらかじめ決められていた運命のように。
生まれる前から知っていた遠い記憶を繰り返すように。

いくつかのターニングポイントがあった気がする。
自分で選び取って来たもの。選べなかったもの。
人生は選び続ける旅。
日々の小さなこと、大きな決断。
逆を選んでいたら・・・誰もが一度は思うことかもしれない。
その答えが出ることはないけれど。

小さな選択や大きな選択を繰り返して、今の自分がある。
そう思えば、後悔はひとつもない。
今の自分を幸せだと思えるから。
苦しくて死にたくなるようなことも、あった。
死ねないから生きている、そんな時もあった。
なぜ生まれて来たのか、何のために生きるのか。
求めても、考え続けても答えはわからなかった。

今は思う。
生まれて来て良かったと。
生き続けて来て良かったと。
生まれた意味をわかりかけている私がいる。

そして思う。
どんな選択をしていても、辿り着く道があるのかもしれないと。


「ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけてもうひとつ 落っこちた
ひとつ分の陽だまりに ひとつだけ残ってる

心臓が始まった時 嫌でも人は場所を取る
奪われない様に 守り続けてる

汚さずに保ってきた手でも 汚れて見えた
記憶を疑う前に 記憶に疑われてる

必ず僕らは出会うだろう 同じ鼓動の音を目印にして
ここに居るよ いつだって呼んでるから
くたびれた理由が重なって揺れる時
生まれた意味を知る

存在が続く限り 仕方無いから場所を取る
ひとつ分の陽だまりに ふたつはちょっと入れない

ガラス玉ひとつ 落とされた 落ちた時 何か弾き出した
奪い取った場所で 光を浴びた

数えた足跡など 気付けば数字でしか無い
知らなきゃいけない事は どうやら1と0の間

初めて僕らは出会うだろう 同じ悲鳴の旗を目印にして
忘れないで いつだって呼んでるから
重ねた理由を 二人で埋める時
約束が交わされる

鏡なんだ 僕ら互いに
それぞれのカルマを 映す為の
汚れた手と手で 触り合って
形が解る

ここに居るよ 確かに触れるよ
一人分の陽だまりに 僕らは居る

忘れないで いつだって呼んでるから 同じガラス玉の内側の方から
そうさ 必ず僕らは出会うだろう 沈めた理由に十字架を建てる時
約束は果たされる
僕らはひとつになる」

(カルマ/ BUMP OF CHICKEN)
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-07-03 17:40  

それでも。

何かが心にひっかかって答えが出なくて苦しいとき。
そんな時がある。
考えて考え抜いても、やっぱりどうしたらいいのかわからない時。
そういう時は、もう考えるのをやめる。
すっかりやめてしまう。

そしてすること。
家中の大掃除。ガラクタを捨てまくる。大整理大会。
或いは、キッチンの鍋・やかんなどの全部を磨く。
普段、洗っているだけでは取れない、少しずつ溜まるくすみ。
それをゴシゴシひたすら磨く。
ピカピカになるまで。
その間は何も考えずにすむ。
家中の鏡やガラスを拭く。
本当の透明の色になるまで。

そうして目に映るものが、だんだんキレイになって行く。
ひとつずつ、元の輝きを取り戻す。
知らず知らず、心もゼロ地点に戻り始める。
その感じが好き。
掃除を嫌いじゃなくなった理由。

一生懸命カラダを動かして、汗をかいて。
ほっと息をつく。
やっとコーヒーを淹れて、買ったばかりの本を手に取る。
その詩集の最後のページの言葉が突き刺さった。
今、必要な言葉がそこにあった。
神様はいつも、すごいタイミングで言葉をくれる。
ゼロになって聴く準備が出来ていなければ、聴こえなかったかもしれない言葉。
それが答えなのか、正解なのかはまだわからないけれど。
それでも。


「悪いことばかり考えても
しかたないでしょう
何をしたくて
何を願っていたの

ほんのすこしでも
好きなことをするために
知恵をしぼらなきゃ

じっとして ここで
イヤなことばかり
思いうかべていたら
本当にこのままじゃない

とにかく
あてもなくても
このドアを
あけようよ」  

(written by 銀色夏生)
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-07-02 16:15  

長澤知之「nagasa.one man」 ライブ

昨日は、娘と長澤知之のライブへ(Drum-sonにて)。
今週、16歳の誕生日を迎える娘のバースデープレゼント。
娘は、服やモノより、大好きな人のライブをリクエスト。
そんなところもいいな、と親バカながら思います。
おまけに彼のCD2枚も付けてあげることにしました。

長澤知之を見るのは二度目。
去年のMUSIC CITY TENJINで初めて見たっけ。
スキマスイッチや山崎まさよしなどの所属するオーガスタの新人。
アコースティックギターの弾き語りが彼のスタイル。
かなり独特の曲と声。好き嫌いがハッキリ分かれるタイプ(笑)。
私はあまり興味がなかったけど、娘はハマッたらしい。

小さなライブハウスは久しぶり。
大きなホールと違って、アットホームな雰囲気でこれもいい感じ。
娘は、さっさと2列目辺りをゲット。私は、のんびり後方で見ることに。
お客さんもみんな、ドリンクを飲みながらリラックスしてライブを待ちます。
照明やPAも、もちろんプロなんだけど、どこか手作り感が漂っていて
派手なコンサートに慣れた目には、とても新鮮。
あったかくていいな、と嬉しくなります。

娘のお付き合いだから、とあまり期待していなかったライブ。
それが思いのほか良くて、嬉しい誤算でした。
今回は彼の初のワンマンライブ。東京・大阪・福岡の3ヶ所。
ちなみに長澤くんは福岡出身のアーティスト。
地元ならでは、の知り合いやお友達も来ていたようです。
彼もとてもリラックスしていたみたい。
弾き語りのイメージが強かったけど(しかもちょっと暗めな。笑)
半分以上がバンドとの演奏で、それにびっくり。
わりと明るい曲も多くて。
でも、彼の真骨頂はやっぱりギターの弾き語り。
一番、彼らしい感じ。
彼のデビュー曲である「僕らの輝き」。
この曲は、少しアレンジを変えて二度歌ってくれました。
この曲は、私も以前から「いいな」と思っていた曲。
生で聴いて、心に沁みこんで来る彼の声、歌詞に感動しました。

アンコールを待つ間、誰からともなく、その「僕らの輝き」を歌い始め・・・
だんだん周りのみんなも一緒に歌い出して・・・。
大合唱になった時は、ちょっと鳥肌が立つほどでした。
それに応えて出て来た長澤くん。
そんなことは初めてだったようで、かなり感激していました。
それはそうだよね・・・。

アンコールでは客席から「ありがとうー」の声が飛び交い、
下を向いて「そんなことない」っていうように、ただ首を降り続けていた長澤くん。
感極まって涙していたそうです。
彼のピュアが伝わって来ました。
「ありがとうー」とアーティストとファンが言い合えるライブ。
そんな素敵なライブはないな、と私もジーンとしました。
長澤くん、素敵なライブをありがとう! 娘にも感謝。
これからも頑張って欲しいな、と思います。
光へのメロディに向かって。


「僕らの輝きって午後九時の夜空みたいなモノ
街の灯りの外に在って
街の中からじゃ見えないモノ
時々見失って溜め息の雲に隠れても
響き渡る光へのメロディ

君へのこの思いを詩にすれば五文字で終わるけど
それほどに短くって てらいが無くても輝くモノ
時々「分からない」って君はふてちゃうこともあるけど
これが僕の光へのメロディ

来週も再来週も日曜の終わりは月曜の足音
また頬杖を突いて同じ窓を眺めるのかなぁ・・・
どれくらい泣きじゃくっても
どれくらい暗く閉ざされても
君にもある光へのメロディ

僕らは1つの愛になる
ご覧、今目に見えなくても
日差しのように照らし出すから
望めば望むほど君は今日を
もっともっと生きたいと思うはず

一夜のアバンチュールの出会いなんか
僕は要らない
心が赤の他人のキスなんか欲しくはない
この世の次元内での恋愛とは違うんだよ
僕と君の光へのメロディ

何にも悲しくないけれど
アクビだなんてうそぶく僕
人生そんなに暇じゃないね
取り戻せない空を追うよりも
さあ朝日を見に目を覚ますんだ

僕らは1つの愛になる
ご覧、今は渇いていても
雨のように心が満ちるから
願えば願うほど君の明日は
ずっとずっとより良くキラメクはず

一夜のアバンチュールの出会いなんか
僕は要らない
心が赤の他人のキスなんか欲しくはない
この世の次元内での恋愛とは違うんだよ
僕と君の光へのメロディ
僕と君の光へのメロディ
僕と君の光へのメロディ」

(僕らの輝き/ 長澤知之)
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-07-01 15:11  

BRAND NEW MEMORIES

6月27日は、父の命日。
あれから17年が経っていた。
あの日は、静かに優しい雨が降っていた。

最大の味方を失った日から、きっと私の孤独は始まった。
あれから何が変わり、何が変わらなかったのだろう。
長い長い時間、私は何を探し続けたのだろう。
何をしたかったのだろう。
何が欲しかったのだろう。
手に入れたものと失ったもの。

母と、お墓に行った。
ピンクの大きな百合を買って。
父の大好きだった缶ビールを買って。
お墓をきれいにした後、花を供え、ビールを置いた。
手を合わせ、目を閉じる。
父に、たくさん話したいことがあった。
背中越しに「今日は長いね」と笑う母の声が聞こえても、そのままでいた。

空は霞んでいたけれど、父の愛した景色がそこから見渡せた。
高台から見下ろす関門海峡。
父の思いをなぞりながら、いつまでもその景色を見ていたかった。
セピア色に変わりゆく思い出。
新しく刻み始めた思い出。
守られている、と思う。

泣いても、笑っても同じように時間は流れる。
それなら、笑って生きる方を。

そんな私を父は見守ってくれる。これからもずっと。
笑顔でうなづいてくれる。
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-06-29 14:45  

崩壊と再生

誰だって、自分の弱いところは見せたくない。
見せたら負けだと思っているのかもしれない。
誰に、何に対しての負けかもわからずに。
心を開いているように見せても、一番奥には頑なに閉じた殻がある。
そして、無意識に人の弱いところからも目をそらしている。
人と深く繋がることをどこか恐れている。
それが一番の弱さだと気づかずに。

誰かが弱い部分をふっと見せてくれる時の気持ち。
それがどれだけ嬉しいことかを知っている。
もしも心の醜い部分であったとしても。
それは私を信頼してくれたことだから。
安心して心を預けてくれたことだから。
そして、それを決して裏切りたくないと思う。
聞かせてくれてありがとう、と感謝しながら、
それでも自分が見せるのは、殻の手前まで。
それを強さだと思い込んでいた。

弱さを、甘えを見せようと思って見せる人はあまりいないだろうと思う。
自分で完結しようとして、それでもどうしようもなく苦しくて
小さな隙間を見つけた時に出てしまうものかもしれない。
抑えようとしても、自分の中からぽろぽろと零れ出してくる言葉や、涙・・・。

見せてくれた人がいた。
それを愛おしいと思う私がいた。
ひとつ、近づけた気がした。

それでも自分の殻は守り続けていた。
何年も、何十年も守り続けた殻。
その人と話していて、ふと気づいた。
自分でも知らず知らずに、その殻が開いていた。
開けようと思った訳でも、無理に壊された訳でもなかった。
見せようとも、見せまいという意識さえなかった。
ただ話し続けていた。まるで世間話をするように。
そんな自分に気づいた時、どんなに驚愕したかわからない。
自然に崩壊した殻は、静かにその全てを私の中から出した。

その後に訪れた気持ちを、どんな風に言えばいいのだろう。
何も残っていなかった。
何も考えなかった。
ただ、真っ白な空間だけが心に残った。
小さなシミひとつない、初めて心が生まれた時のような。

口先だけでない、本当のリセットがその時に出来た気がした。
受け止めて、受け止められて。
支えて、支えられて。

何をしていても、誰といても決して消えなかった気持ち。
一生、胸に抱えて生きていくのだと思っていた。
弱さや醜さ、不安、苦しみ、悲しみ、寂しさ・・・。
自分の一部分にさえなっていたものが、今はもうない。
そこは、今、温かな光で満たされている。

何かを捨てなければ、何かを手に入れることは出来ない。
また、それを知った日。

弱さを見せること、それも強さ。
[PR]

# by minamikaze0530 | 2007-06-25 16:17